小さな本棚

20代。このままで終わりたくない私は今日も本を読む。

アンパンマンに込められた思いとは?

アンパンマン」の作者のやなせたかしさんの本。

正義とは何か。

今日の正義が明日の正義とは限らないし、正義のためには悪人がいなくちゃいけない。

でも、悪人の中にだって正義があったりする…。

じゃあ、正義っていったい何だろう?

やなせさんがアンパンマンに込めた正義への思いについて書かれています。

 正義について書かれた本って聞くと堅苦しい感じがしますが、正義についてだけではなく、やなせさんが考えていることがざっくばらんに書かれています。

エッセイのような感じで読みやすかったです。

 

 

はじめに思ったのは、とてもユーモアのある方だったんだなぁということ。

読み始めてすぐにやなせさんが好きになってしまいました。

言葉1つ1つに重みがあって、なんだか考えさせられました。

戦争に行った人が命を語るのと、行っていない人が語るのでは全然重みが違いますよね。

そういう感じ。

立ち止まって考えさせられる言葉が多かった。

 

 

 

ばいきんまんって色んなキャラに変身(変装?)して出てくることがあります。

そのことについてこんな風に書かれています。

例えばジャムおじさんに変身すると、一目でばいきんまんが変身していると分かるのに、みんなが「あ、ジャムおじさん」と騙されてしまう。

なんで分からないのか、作者のぼくが何回見ても不思議なくらいです。

アンパンマン側の人は人がいいのですね。そういうところが物語としての一種の面白さでもあるけれど、これは実は、現実の世界でも同じことがあるのです。

この後、現実世界にもばいきんは生活の中にいるけれど、気が付かない。

一目見てすぐには分からない。

私たちの社会の中でも、詐欺など「なんであんなことで騙されるの?」という簡単なことで騙されたりする。

というふうに述べられています。

 

全部で4章あり

1章では正義について。

2章はやなせさんの生い立ちやアンパンマンが生まれたときの話。

3章、4章では、じゃあ正義を行うとはどういうことなのか、人にできることって何だろう。というようなことが書かれています。

 

愛には、いさましさも含まれていて、勇気には、やさしさが含まれている。

 

「正義」ってなんだかかっこいいような、それでいて嘘くさいもののような。

私たちが生きてる世界は、白黒はっきりしているものの方が少なくて。

「正直者が損をする」ことなんか山ほどあって。

それでも、ここだって時に自分の思うように行動できる人になりたいなぁって思います。

 

読んだ後に、なんだか優しい気持ちになれる一冊でした。