小さな本棚

20代。このままで終わりたくない私は今日も本を読む。

好きなことだけして生きていけ

 
現状に甘えてなんとなく日々を過ごしているなって思った時は、本棚から千田琢哉さんの本を出してきて読みます。
短時間でサッと読めるし、パッと開いたページだけ読んでも今の自分を見つめ直すきっかけになったりします。
 
 
 
「好きなことを取るか、お金を取るか」の議論は、無駄。
「趣味だから楽しいだけ」というのは、趣味を仕事にしたことがない人。
 
 
 
今まで常識と思っていたことがひっくり返ることもよくあるし、自分の感覚が麻痺していることに気づいたりします。
 
 
「人生は楽しいことばかりではないし、時には我慢も必要」と思っていたけれど、そもそもその前提が間違っているのでは?と考えたこともなかった自分にゾッとしたりしました。
なんで、人生はそういうものだって思っていたんだろう?
 
なんとなく「そういうもの」と思っていることで、自分の人生を「そういうもの」にしてしまっているのかもしれません。